現在、パートナーの2人で経営するAWE(人材エンパワーメントコンサルティング会社)のオーナーで台湾人のDanaさんにインタビュー。
発する声は、どしんと相手の身体をうずめくような重みのある声で一度も海外に行ったことのない彼女でも流暢な英語でお話しくださいました。
終始、緊張感がありました。
経営者として、信念の強さが圧倒的な存在感を醸し出している雰囲気のなか、一つの記事だけではまとまりきれないような内容の濃いお話を伺うことができました。
ご覧ください。

誰よりも失敗した自信がある過去

台湾国際大学で学び、その後は会社に就職せず、台湾人同士の男女関係を露呈し、女性のエンパワーメントや教育を行うコンサルティング会社をパートナーと設立。

もともと、「企業に勤めて働きたくない」モチベーションで自分で会社を立ち上げた、といいます。

幼いころから、厳格な仏教徒で父・母の3人家族で過ごし、幼少時代から喧嘩が絶えず、家庭内離婚状態が続き、二年前に両親が離婚。経済的理由で喧嘩が増えていったといいます。もともと、仏教徒ということもあり、現実主義だったDanaさんはそのころから生きていくためには自分がしっかりお金を稼ぐ必要がある、意識があったそうです。

当然、幼いDanaさんにとって両親が別々の生活を始めることは辛いこと。そのころから、仏教の教えを信じていくようになったと言います。

何をするにも理由がなく、理由を求め、地域のグループとつるみ、夜はクラブへ行き踊り狂ったりしたといいます。

やるせない毎日。生きる意味が分からなくなった日々。失敗も増え、生きていること自体が失敗だったのではないかと自問自答し続け、頭を悩ませた日々。

そんな彼女を救ったのはいつでも本との出会いがありました。
本は著者の考え、感覚がすべて詰まった傑作。行動の裏の理由を見つけるために本屋に行って、ひたすら世界観に浸ったといいます。
日本人著書「嫌われない勇気」も今のDanaさんの考えに大きな影響を与えました。

自分の経験をシェアするコミュニティがあることで
わざわざ失敗しなくてもいい

「私自身も、人生に失敗して、本という存在がなかったらを考えると今頃死んでたかもしれない。」今日の台湾人でも親や先生に人生の生きる道、やるべきことを強要され、自分というものがわからなくなってしまう人が増えているといいます。

失敗も経験のうちというけど、人はわざわざ失敗しなくてもいい。
それよりも自分がどう生きるかを明確化させてその過程のなかで失敗することを恐れず道を歩むべき。

失敗しても守ってくれる人がいるから、失敗すること自体になれていない今日の人々。

自身の経験から、生きる道を明確化させたときの失敗が最も人を豊かにする、と明言しているDanaさんは自分の人生のストーリーや繋がりをもたせるために何度かセミナーを開催しています。

繋がり、人生ストーリーをシェアする経験を求め、セミナー初回は30名が集まったのにも関わらず、現在では200名を超える応募があるといいます。

We want more relationships, We want someone we wanna talk.
Ability is not followed, who cares. Living concept will be followed.

繋がりを求め、誰かと話したいと思うのが人間。
もはや、才能よりも人間力が試され、何をするかで評価される。

美しい女性とは

Danaさん自身、幼少時代から自分自身が「女性」と意識し始めたのは遅かったため、あまり「女性であること」自体について考えたことはなかったといいます。

台湾でも、日本と同じで亭主関白時代が長かった歴史的背景があり、現在では男女平等の社会へ変革してきているといいます。

そのうえで、美しい女性、とはどのような女性か。

他者になにかされたり、なにか言われても動じない女性。

とDanaさんは言います。
自信があったり、経済的にも独立している女性は多くなってきているが、他者とのコミュニティのなかで生きているとどうしても他人の目線を気にしすぎ。
それでも自分のやっていることや発していることに自信があってなんとも思わない女性は強いし、Danaさん自身も目指しているところだそうです。

ただ、女性の社会的立場が高まるなか、男性ばかりに変革を求めるのは違うのではないかとも言います。

男性も男性で、専業主婦のお嫁さんをもらったら、家族分の生活費を稼いでいかなければいけないプレッシャーがある。

本質の意味での「男女平等」社会の実現のためにするべきこと。
男性もプレッシャーを感じていて、そのプレッシャーを女性が理解すること。

人は誰でも弱さがあり、その弱さをシェアするコミュニティを作ることで少しでもその人自身の生きる道をコンサルしていくDanaさんは強く、芯から輝いていました。
私自身もインタビューしながら、学びを多くいただきました。
自分が選択した道での失敗を恐れず、自分で物事を考えていくことで自分のなかでの解がみつかり、大きな自信につながります。
Danaさんありがとうございました!

Thanks very much Dana san! I wish to see you again and hear about your next story:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です